×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

格安!個人輸入で購入【海外から医薬品を代行で可能】

RSSを使いこなす

RSSを使うと様々なニュースなど新着情報を取得することができます。
実際にRSSを使いこなしてどのような情報を取得できるのか具体例を見ていきましょう。

 

まずは一般的なニュースサイトからです。
社会情勢や経済情報、スポーツ情報や芸能ニュースなどを提供してくれるサイトです。
「asahi.com」は朝日新聞社が作っているニュースサイトです。
政治、経済に始まりスポーツ、芸能まですべてのジャンルにおいて最新ニュースを収集することができます。
「ニッカンスポーツ・コム」は日刊スポーツが作っているニュースサイトです。
スポーツ関連の最新ニュースを収集することができます。
「nikkeibp.jp」は日経BPの総合情報サイトです。
技術やビジネス関連サイトで、ビジネスマンには必読のニュースサイトです。
「goo」は検索サイトgooのe中に掲載されている最新のニュースを収集することができます。
社会情勢から国際情報、政治経済にスポーツ、芸能とすべてジャンル分けがされているため必要な情報だけをチョイスすることができます。

 

次はIT関連のニュースサイトからです。
「CNET Japan」は米国CNETの日本版になっているものです。
国内外の最新ニュースを収集することができます。
経営面から通信やセキュリティなどIT関連のニュースをチェックできるためITの流れをつかむことができます。
「Hotwied Japan」は米国ウェブマガジンの「Hotwied」の日本版になっているものです。
米国における最新ニュースをゲットすることができるサイトです。
ITの最新情報はやはり米国からやってくるのです。
「@IT」は、IT関連の技術情報を提供しています。
入門編から応用編までわかりやすい解説がされています。
「デジタルARENA」は日経BPが提供しているパソコンやカメラなどのAV情報掲載サイトです。
いち早く新商品の情報を知ることができます。